子供に合う塾の選び方!体験入学をする!

体験入学で塾の雰囲気を知る

将来の受験目的や学力向上などいろいろな理由で子供を塾に行かせるかもしれません。都市部などには大手有名塾から個別指導塾、その他個人で運営しているところなどがありどこに行かせればいいのかわからないときもあります。事前にいい塾がどこかなどを調べて決めるときもありますが、最終的に決める前には体験入学をさせた方がいいでしょう。集団塾なら他の生徒とうまくやれるか、講師の授業が分かりやすいかなどが事前にわかります。個別指導塾でも実際に勉強する場所の雰囲気や勉強に集中できる環境かなどを知っておくのは重要と言えるでしょう。個人経営のところなどは体験入学まではできなくても見学をさせてくれるところがあるので、親子で見学して決めると良いでしょう。

体験入学なら授業の流れが分かる

学校の授業は先生が教科書に沿って説明をするのが主になるでしょう。生徒は先生の話を聞いたりノートを取ったりして授業時間を過ごします。では塾はどうかですが、それぞれの塾で進め方が違うので自分に合った塾を探すためにも体験入学を利用しましょう。学校と同じように先生の説明が中心のところもあれば、どんどん問題を解かせる実践的な授業をするところもあります。先生が一方的に話すのではなく生徒が参加できる授業では、生徒はいつ指名されるかの緊張感を持ちながら授業を受けられるので集中力がつくかもしれません。ただ学校とは違う授業スタイルについていけない子もいるので、実際に受けさせてみて続けられるかどうかを確認した上で決めるようにしましょう。

小学生の塾は二種類に分けることができます。1つは小学校でつまずいた内容を復習する塾です。補習の意味合いが強いでしょう。もう1つは中学受験のための塾です。学校よりも先取りした内容を学習します。